附属幼児施設 子どもの家

子どもの家は、1968年に地域の母親グループの強い要望により生まれ、それから40年もの間、教会附属の幼児施設として地域に根ざしたキリスト教主義自由保育を続けています。
明るく、安全で、衛生的な環境の下、保育を行っています。

クラス

●毎日組

年少からの3年保育(土曜、日曜、祝祭日休み)

子どもたち一人ひとりが「自分らしさ」を発見し、個性をのばすためには、教材の山ではなく、時には泥んこになるまで友だちと遊んだ経験が大切です。また、出来るまで待っていてくれるやさしい先生のまなざしが、一人ひとりの成長をグーンとのばします。これが「のびのび」保育の力です。通常の保育の中に、スポーツ体操や多彩な情操教育を積極的に取り入れています。音楽、造形、絵画美術、本読みなどです。
また、通常の保育のほか、園外に出て、高尾山 への遠足や芋掘り、運動会などの行事を行います。これらの園外保育を通じて自然に親しみ、健やかなからだをつちかうと共に、大自然の恵みに感動し、感謝する心や、また、運動会や山登りなど、友だちと協力して達成できる喜びを味わい助け合う心、やさしい心を育てます。

●めばえ組

未就園児2歳児クラス(火・木/水・金クラス)

※各15名定員、送迎バスあり(保育時間:午前9時半~12時半) 経験と実績のある2名ずつの担任教諭の指導で各クラスの保育を行っています。 毎週2日間、そして1年間の多彩な保育と集団生活を通じて、 子どもたちは 「つよく、やさしく、のびのびと」成長しています。見学も可能です。

☆そのほか、月に一度、親子の会「めばえワールド」(無料)を開催しております。

保育方針

つよく、やさしく、のびのびと 保育方針:自由保育、少数クラス、キリスト教精神

子どもの家 ホームページはこちら
  • トップページ
  • はじめての方へ(教会案内)
  • 礼拝・集会案内
  • 子どもの教会
  • 説教(聖書のお話)
  • 仙川教会 附属保育施設 子どもの家
  • 調布六団 ボーイスカウト


  • パイプオルガンのご紹介

トップページはじめての方へ(教会案内)礼拝・集会案内子どもの教会説教(聖書のお話)